スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ナキムシ

いま、とても泣きたい。
最近特に、毎日毎日泣きたくて仕方がない。
仕事しててちょっと一段落したとき。
家に帰ってごはんを食べ終えて、ほっと一息ついたとき。
シャワーを浴びて一日の疲れを落とし終えたとき。
そして結局ほとんど毎日泣いている。。
これを書いている、この瞬間も涙がとまりません。


と、こんなことを書いていると、読んでくれてるみんなを心配させてしまうかもしれません。
でも、あるヒトの言葉を借りるならば、こう表現するしかないんです。。

『ひとが甘いものを欲するとき それは「泣きたい時」だという。』

えぇ。だから毎日涙がとまらないんです。
毎日シュークリームくわえてしまうんです。
ひとりでカフェに行って「ケーキセット!」と言ってしまうんです。

あなたは『ナキムシ』ですか?

→黒猫日記「泣きたい」

スポンサーサイト

2005.02.08 | | Comments(4) | Trackback(0) | 日々

アナタハ カミヲ シンジマスカ?

あなたは神を信じますか?

みなさん、街を歩いてて何度か声をかけられたことがあるかと思います。
しかし、このフレーズに大きな変化を与える研究結果が報告されました。
アメリカのNational Cancer Instituteの遺伝子研究チームが『神の遺伝子』を発見したと報告しました。
神を信じるかどうかはVMAT2という遺伝子を持っているかどうかで決まる。
これが本当だとしたら、今後、街頭で声をかけるときの言葉はこう変わるかもしれません。

『あなたは神を信じる遺伝子を持っていますか?』

そして、断るときはこう答えましょう。

『わたしはVMAT2遺伝子を持っていません』

ってね(笑)

2005.02.06 | | Comments(1) | Trackback(0) |

お笑い看護士

看護士さんにとって、何とも迷惑な話。
大阪府が大阪らしい政策を発表した。
『お笑い看護士』の養成…
ストレス解消に効果があるとされる「笑い」を医療の現場に取り入れようと
大阪府は吉本興業と提携し、府立病院の看護士に笑いがとれる話術を指導するのだとか。
2005年の予算には「笑いと健康推進事業」として300万円が組み込まれた。
このような試みは全国で初めて…ってこんなこと大阪以外どこがやるんでしょう。

まあ確かに、「病は気から」と言われております。
笑いで病気がよくなるという臨床試験もちらほら聞いたことがあります。
糖尿病患者に漫才を聞かせたら血糖値が下がったとの研究報告もありますよ。
でもねぇ。他にもっと先に改善しないといけないことは山ほどあると思うんですが。。

看護士も大変な世の中になりましたね(笑
数年後には、国家試験に「お笑い学」なんて科目ができてしまうのか。
笑いの取れない看護士は看護士失格?
病院対抗M-1グランプリとか開催するんでしょうか?
いずれは薬剤師も笑いがとれる服薬指導とか要求されるようになるのか。。

とにかく、本業に支障がない程度にお願いしたいところです。

2005.02.06 | | Comments(3) | Trackback(0) |

愛のメモリー

『富豪刑事』というドラマ。
いかにもマンガをドラマ化しました、という典型的なドラマ。
ムチャクチャなストーリーはいいとして、
思わず食いついてしまった、このドラマの魅力(?)
ドラマ終了時のエンドロールとともに流れてくる主題歌。
マニアックというか何と言うか
心をわしづかみにされてしまいました。
声は及川ミッチー。
でも、
なのに、
曲は『愛のメモリー』
そう。原曲は、しげる松崎。「トミーとマツ」のマツです(←わかるのか?(笑))
なぜこの曲をカバーするのだ。
そう思いつつも、毎週コレ聞きたさにテレビを付けてしまう。。
テレビ局の策略にまんまとハマっております。

あぁ、原曲が欲しい。。(笑

2005.02.04 | | Comments(3) | Trackback(0) | 日々

«  | HOME |  »

カレンダー

01 | 2005/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

プロフィール

ラッツ

  • Author:ラッツ
  • ねずみと珈琲を愛する喫茶ねずみ店主です。珈琲片手にながめていただければ。。

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。